会長あいさつ

HOME > 会長あいさつ

ごあいさつ

第8回日本製薬医学会年次大会
大会長 岩崎幸司
(日本製薬医学会・理事)

日本製薬医学会第8回年次大会を、2017年6月30日(金)、7月1日(土)の2日間にわたり、
東京日本橋のライフサイエンスハブにおいて開催させていただくことになりました。
日本製薬医学会は1960年代に創設されて以来、発展を続け、製薬企業や規制当局に勤める製薬医学専門家に加え、
アカデミアよりも参加いただいている本邦にける製薬医学をリードする学会です。
今年の年次大会のメインテーマは、「ネットワークで広がる製薬医学の世界」としました。
近年、臨床研究や個人情報保護を巡って様々な議論がなされています。また、ビッグデータやIoTの技術を用いて
新薬の開発や安全対策の可能性の模索が進み、製薬医学での活躍が大きく広がりつつあります。本大会が、
会員ならびに参加者の皆様に満足していただけるような会になりますように、大会実行委員会一丸となって準備しております。
実行委員会の皆様にはこの場をお借りして厚く御礼を申し上げます。
会員の皆様には当日お目にかかれるのを楽しみにしております。参加登録は3月より開始を予定しておりますが、
皆様におかれましては、ぜひ万障繰り合わせの上、ご参加いただければ幸いに存じ上げます。

Announcement for the Annual Congress of JAPhMed 2017 On behalf of the organizing committee of the 8th Annual Congress of JAPhMed the Japanese Association of Pharmaceutical Medicine in 2017(JAPhMed 2017), we are pleased to invite you to Tokyo, Japan. JAPhMed meeting has been held every year since 2009. The main theme of this year’s meeting is “The world of pharmaceutical medicine expanding through multispecialty networking”. In addition, possibilities of development of new drugs and safety measures is advanced by using big data and IoT technology, and the spreading of pharmaceutical medicine. The conference will be held on June 30 and July 1 at Nihonbashi Life Science HUB in Tokyo. Registration will open from Mar. 2017.
Conference Chairperson

Koji Iwasaki